甘えの証拠

浮気、という関係性は刺激的でとても魅力的に感じる人がいるのであろう。
とは言え、こういった浮気というような関係性はそもそもしたくて前提である恋人を作るというようなものでは通常はないのである。
あくまでも、浮気というのは本気の恋愛の副次的な産物出会ったり、現在の恋愛に満足できない部分を穴埋めしようとするような動機で発生する物なのである。
つまりは、浮気をしようと思って恋人を作ってからシチュエーションを楽しもうというような人はそうそういる物ではなく、基本的には現状に対しての不満を解消したりするために結ぶ関係という風な認識が正しいのである。

どうして不貞の関係は消えないのか

こういった、恋人がいながらも別の異性に手を出してしまうような関係はなぜ消えたりしないのか、というと非常に微妙なバランスというか、微妙な動機の上に成り立っているのである。
というのも、そもそもこういった関係性は関係性そのものに対して魅力があるわけではないのだ。
先ほども言った通り、恋人がいるのに別の異性と関係を持つということ自体がそもそも魅力的というわけではないから、たとえば独身で恋人がいるわけではないけど、不貞の関係が魅力的だからそのためだけに恋人を作ってから別の異性に手を出すというようなことをしている人はまずいないのである。
あくまで、普通の恋愛関係自体はその人が好きで築き上げる物だからだ。
しかし、それでもなおなぜ恋人は好きで作ったはずなのに恋愛関係が出来上がった後で、別の異性に手を出してしまうのか、というと結局のところは精神的な甘えが原因だと言っていいだろう。
要は、人間という生き物は飽きっぽく同じような刺激を受け続けるとそれが当たり前になってしまい、退屈を感じてしまったり物足りなく感じてしまう物なのである。
だから、どんなに好きな恋人がいても同じことしかしなければ飽きが来てしまうし、飽きが来てしまうと恋人に対して不満を抱いたりするから、それが原因で新しい刺激を得るために、別の異性に手を出してしまう、というような精神的なメカニズムが働いていることが多いのである。
しかし、普通飽きが来てしまった場合は恋人としっかりと別れてからサイトで別の恋人を新しく作ればいいだけだし、基本的にある程度理知的な人間ならそうしているのだ。
浮気相手を作る人間が精神的に甘えている、という最大の理由は愛と欲望の劇場 -浮気・不倫・離婚2chまとめブログ-にもあるように、恋人に飽きているくせに恋人を手放すのは惜しいという風にケチ臭い考えでそばに置いておきながら、別の異性に手を出すというところにあるのである。
要は、恋人がほしいからと言って浮気相手を作るというのはすぐに新しい恋人ができるかわからない、というような保障のない状態を恐れていたり、あるいは不満はあるけどある一定の場所に関しては好みだから恋人の関係は解消したくない、なんていうわがままな感情で恋人をキープしつつ、不満なところを別の異性で補うというようなことをしている人が浮気相手を作るのである。
男の甲斐性だとか、モテる人だからできるだとかそういった風にいいようなものにすり替えようとしたりドラマティックだとか刺激的なんて感じでフィクションの作品に影響されているようなことを言うような人もいるのである。
しかし、結局のところこういう関係に走る人間というのは逃げ癖が強く甘えた精神で、どっちつかずで無分別な上に精神的に幼稚かつ優柔不断な人間であるということなのである。
人間的に魅力のある人ならば、そもそも浮気相手なんて物を作らない物なのだ。
特に、こういう関係性を平気で作る人というのはある種の浮気癖のようなものが付いているから、すぐにまた同じようなことをやるので、信用を無くして本当の意味で信頼関係を作るのは難しいのである。